赤ちゃんの肌にトラブルが!アトピーの診断はいつからできる?

赤ちゃんの肌にトラブルが!アトピーの診断はいつからできる?

生まれたばかりの赤ちゃんの肌に、赤みやぽつぽつとした湿疹が現れてくると心配になりますよね。
これはいわゆる乳児湿疹なのか、それともアトピーなのか、判断に迷ってしまいます。

 

ほとんどの赤ちゃんは生まれて間もなくから肌に赤みを生じたり、おむつにかぶれたりしますが、それらを総称して乳児湿疹と言います

 

それらは個人差もありますが、数か月から一年もすれば自然に消えていくものです。

 

しかしアトピー性皮膚炎の場合、赤みやかぶれなどの肌トラブルがどんどん酷くなっていきます。
また最初は顔など体の上の方だけに症状があったものが、背中やお腹など体の下の方に下がってくるのも特徴です。

 

なかなか乳児湿疹と区別のつきにくいアトピーですが、赤ちゃんに症状が出るとしたらいつから出るものなのでしょうか。

 

○赤ちゃんアトピー症状、出るのはいつから?お医者さんでも判断が難しい!

 

上記に書いたように、乳児湿疹とアトピー性皮膚炎とは非常に症状が似ているため、お医者さんでもどちらか厳密に判断するのは難しいのが現状です。

 

お父さんやお母さんなど、ごく身近な人にアトピー性皮膚炎の人がいれば赤ちゃんもその体質を受け継いでいる可能性が非常に高いのですが、必ずそうなるというわけでもありません。
赤ちゃんが小さすぎる場合は、どちらか判別をするのは難しいということなのですね。

 

赤ちゃんの肌に赤みやかぶれを見つけて、すわアトピー性皮膚炎か!?と驚いても、いざ病院に行ってみるとあっさり治ってしまうということも良くあるのです。

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので荒れやすく、ちょっとした刺激で赤みやかぶれを起こすため、なかなかアトピーと区別がつかないのが現状なのですね。

 

上記でも少し触れましたが、アトピー性皮膚炎の症状は、赤ちゃんの全身の皮膚が乾燥したり、または皮膚がジュクジュクとしたり痒みがあったりといったものです。
それらが最初は顔や頭から始まり、だんだん体の下の方に症状が移っていきます。
症状が強くなったり、弱くなったりしますが、基本的にずっと何かの症状が肌に残っている状態です。

 

これらの症状が出るのは、だいたい生後4か月ごろからだと言われています。

 

○赤ちゃんのアトピー検査ができるのはいつから?不安な時期でもできることはある!

 

上記でも触れたように、生後4か月くらいからの発疹などの肌トラブルはアトピー性皮膚炎と判断されることが多いようです。

 

赤ちゃんのアトピー検査は、生後半年ほどたってから行われることが多いです。
それより小さい赤ちゃんでは、診断が難しいことが多いからです。

 

しかし、経験豊富な医師は、小さな赤ちゃんでも肌の状態を見てアトピー性皮膚炎かそうでないかを診断することがあります。

 

生後半年たっていなくても、症状が酷ければアトピーと診断が下ることがあるのですね。

 

症状がそれほど酷くない場合、赤ちゃんがある程度大きくなるのを待ってお医者さんに診てもらうのがいいでしょう。
しかし、心配な症状があるのに何もしてあげられないなんて・・・と親御さんとしては気を揉んでしまいますよね。

 

しかし、国立成育医療研究センターの発表によると、生後間もない赤ちゃんにしっかりと保湿剤を塗ることで、アトピーの発症を抑えることができるということがわかっているそうです。
何もしなかった赤ちゃんに比べ、約3割もその発症率が下がったというから驚きです。

 

赤ちゃんが小さすぎて、アトピー診断ができないと心配なお母さん、気になる症状があるならぜひ赤ちゃんの肌をしっかりと保湿してあげてください。

 

アトピー性皮膚炎でなくとも、赤ちゃんのデリケートな肌を保湿するのはいいことですし、もし本当にアトピー性皮膚炎だったとしても、こまめに保湿することで症状が出ないか、または軽く抑えることができるかもしれません。

 

○まとめ

赤ちゃんの肌はデリケートで刺激に弱く、心配なことも多いですよね。
アトピー検査ができるのはおおよそ生後半年からと言われていますが、それはあくまで正確を期するためです。
症状が酷ければ、小さい赤ちゃんでも経験の深いお医者さんにそれと診断されることがあるので、臨機応変に対応しましょう。
また、乳児湿疹と区別がつかない場合でも、赤ちゃんの肌を保湿剤でケアしてあげることで症状が和らぎます。
赤ちゃんの肌は大人に比べてとても薄くてもろいので、しっかり保湿してあげることは、アトピーでなくても大事なことです。
心配な症状があっても慌てず、まずは赤ちゃんの肌を清潔にして保湿し、しかるべき時期が来たらお医者さんに診せて、しっかりケアしてあげましょう。